トップページ > 電子マネーとポイント >  電子マネーガイド

電子マネーガイド

電子マネーの選ぶ基準は「ポイント」です。得する電子マネーを選びましょう

電子マネーって何?パスモやスイカで有名になった電子マネー。最近では携帯でも電子マネーを投入しています。ここでは電子マネーの基礎について解説します

電子マネーはこんなに便利

電子マネーという言葉をよく聞くようになりました。
最近では流通業界最大手であるセブンアイホールディングスのナナコカード発行により電子マネーの知名度も一気にUPしましたね。

電子マネーとは「目に見えない新しい形のお金」と考えればよいでしょう。カード自体にICチップが埋め込まれており、電子マネー機能が入っているのです。現金とおなじように様々なシーンで電子マネーは使えます。
非接触IC(フェリカ)を使ったタイプが主流で読み取り機にかざすだけで決済は終了! 今までのように財布を捜したり小銭を出す必要もありません。

かぜすだけで支払いができるので手軽に買物ができたり、電車やバスに乗れたりとどんどん電子マネーは普及していますよ。

代表的な電子マネー

電子マネーで一番身近のものに交通系の電子マネーがあります。
JR東日本のIC乗車券Suiccaとコンビニなどで使えるEdyが有名でしょう。Suiccaは改札でEdyは店頭の読み取り機にかざすだけで支払いが完了する電子マネーです。
特にSuiccaは都市部では普及率も大きく、おサイフケータイにも対応しています。

改札口で切符を買う必要もなく、Suiicaカード、もしくはおサイフケータイをかざすだけで改札口を通過できますし、Edyもカードをかざすだけで支払いが完了ととても便利な電子マネーですね。

電子マネー種類について

電子マネーの種類は実にさまざま・・・・各企業がこぞって電子マネーに参入しています。最近ではセブン&アイ・ホールディングスがnanaco(ナナコ)という電子マネーを発表し、一気に知名度を広げました。
電子マネーの種類は大きくわければ「買物に便利な電子マネー」と「交通機関で便利な電子マネー」に分類できると思います。クレジットカードと違いポイントが貯まりやすい!というのが電子マネーの特徴です。
たとえばジャスコで買物をする主婦やママであれば「買物で得する電子マネー」を選ぶべきですし、電車やバスに毎日乗るビジネスマンやOLさんは「交通機関で得する電子マネー」を選べば今より便利に、さらにお得になるのです!

また電子マネーは決済方法によりポストペイ型(後払い)とプリペイド型(前払い)に分類されます。プリペイド型が事前にお金をチャージ(入金)しておけば残高内であれば器械にかざすだけで決済が完了します。残高が減れば何度でもチャージできるのが特徴です。
ポストペイ型はクレジットカードと同じ機能を持つ電子マネーでクレジットカードと同じように利用明細などは後で送られてきます。
どちらのタイプも現金を持ち歩かなくても安全であり、決済もわずか0.2秒程度で行われるので非常にスピーディーです。

 | トップページ |  次のページ 買物と電子マネー


相互リンクはこちら