トップページ > 電子マネー決済方法 >  ポストペイ型

ポストペイ型

EdyやSuicaなど電子マネー、ICマネーの決済方法の分類

電子マネーポストペイ型とは・・・ストペイとは後払い方式ので、クレジットカードの子カードという位置づけです。 チャージが必要なく使用できることからポストペイ型は利用者も大きくなっています。

電子マネー比較(ポストペイ型)

電子マネーにはプリペイド型とポストペイ型があります。ここではポストペイ型の電子マネーについて紹介します。
ポストペイとは後払い方式ので、クレジットカードの子カードという位置づけです。
チャージが必要なく使用できることからポストペイ型は利用者も大きくなっています。

それではポストペイ型を比較してみましょう!

iD・DCMX

ドコモが強烈にプッシュしているのが携帯クレジットです

iD(アイディー)、DCMXはドコモが総力をあげて宣伝していますね。
img_dcmx_w254.jpg ドコモが携帯クレジットの独自ブランドとして05年12月に立ち上げたのがid、DCMXです。
つまりDCMXはiDを利用したNTTドコモ自身が提供するクレジットサービスの事です。
決済用に三井住友カードなどのiD対応クレジットカードが必要となります。
DCMXはドコモが独自に開発したiD対応のクレジットカードです。
DCMXには2種類あり、DCMXminiであれば12歳以上なら月額1万円までクレジットが使用できるというユニークなシステムを持っています。カード発行はなく、代金は毎月の携帯電話と合算請求になりますので便利です!

QUICKPay(クイックペイ)

クイックペイはJCBが母体の電子マネーです。
JCBカードを中心に多くのカード会社が参入しています。モバイル決済推進協議会が推奨サービスに指定しています。カード型と携帯電話型のどちらにも対応しています。
nanacoに搭載される予定のほか、auソフトバンクの新しいおサイフケータイにはアプリがインストール済みとなっています。

quicpay.gif

QUICPayはお店のQUICPay端末にカードや携帯電話をかざすだけでお支払いができる、サインや事前のチャージがいらない「簡単・スピーディー・おトク」なポストペイ(後払い)型で、QUICPayのご利用代金は、すでにお持ちのクレジットカードご利用代金とあわせてのご請求となり、クレジットカードのポイントやマイルなどの特典も受けられます!

Smartplus(スマートプラス)

スマートプラスはUFJニコスが開発した電子マネー技術です。
現在は規模も小さく仕える施設も限られていますがUFJニコスとDCカードの合併で拡大する可能性が大いにあります。
クレジットカードだから事前のチャージ(入金)は不要!お支払いは使った分だけ後払い!

スマートプラスのご利用代金はすでにお持ちのUFJカード(VISA・MasterCard)または、NICOSカードご利用代金とまとめての請求だから、各種ポイントプログラムのポイント貯まります。

smartplus.gif
前のページ 電子マネー比較  | トップページ |  次のページ プリペイド型


相互リンクはこちら