トップページ > 電子マネー代表例 >  パスモ(PASMO)

パスモ(PASMO)

パスモ利用方法やパスモ申込方法について。パスモ(PASMO)とは首都圏の公民鉄とバスで利用できる新しいICカード乗車券です。

クレジット決済や電子マネー
パスモとは?
パスモの種類
PASMOオートチャージ

パスモとは?

パスモ(PASMO)とは首都圏の公民鉄とバスで利用できる新しいICカード乗車券です。
07年3月よりサービスを開始になったICカード乗車券・電子マネーとしてSuicaとの相互利用が可能となっています。
パスモカード
PASMO電子マネーは JR東日本のSuica電子マネーと相互利用可能となっていることが重要なポインです!!!
いずれも鉄道交通機関の会社になっているので、各社の交通機関でPASMOが共通電子マネーとして使えるのは嬉いサービスですね。

伊豆箱根鉄道 東京急行電鉄 江ノ島電鉄* 東京地下鉄(東京メトロ) 小田急電鉄 東京都交通局* 京王電鉄 東武鉄道 京成電鉄 東葉高速鉄道 京浜急行電鉄 箱根登山鉄道 埼玉高速鉄道 北総鉄道 相模鉄道* ゆりかもめ 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス) 横浜高速鉄道 新京成電鉄 横浜市交通局* 西武鉄道 横浜新都市交通 多摩都市モノレール

パスモの種類

パスモ(pasmo)には大人用と小児用に分類されています。
それぞれ特徴や対象者が異なっています。

pasmo種類

パスモ大人用の種類
・記名式・・・記名人のみがご利用いただけるPASMOです。紛失時には再発行ができます。
※購入時にお客さまのお名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要です。
※紛失再発行には手数料が必要です。
・PASMO定期券・・・定期券としてご利用いただける記名PASMOです。
チャージをしておくと改札機にタッチするだけで定期券区間外を乗車した分の運賃を精算できます。
・無記名PASMO・・・どなたでもご利用いただけるPASMOです。 ※小児用の無記名PASMOはありません。

パスモ小児用には上記の無記名式パスモはありません。
小児用パスモは記名PASMOと定期券PASMOの2種類になっています

PASMOオートチャージ

PASMOを使えば首都圏の私鉄や地下鉄、バスに乗れるだけでなくSuicaと同じシステムを採用しているので首都圏のIR東日本の区間や東京モノレールにも乗れるようになります。
PASMOはSuicaと同じように改札機の読み取り部分にタッチするだけでOKですし、切符をその都度買う手間もないために人気です。

PASMOの最大の特色はオートチャージ機能です。!
オートチャージとは残金が一定額を下回った場合に自動的に加算(入金)されるシステム。通常であれば残金が少なくなった場合にはチャージが必要ですが、このオートチャージ機能を使えば「チャージ」する必要がなくなるわけですね。

PASMOオートチャージ機能が残金が2,000円を下回った時に改札機にタッチすると3,000円分が自動的にチャージされる仕組みになっています。
これにより、残高が足りなくて右往左往する事はなくなりますね!

PASMOオートチャージにはPASMOオートチャージ対応のクレジットカードが必要です。提携カードがあればこのオートチャージ機能でチャージ不要となり、チャージのわずらわしさから開放されます。
PASMOオートチャージに対応しているクレジットカードはパスタウンカード(JCB)、パスタウンカード(三井住友カード)、パスタウンカード(三菱UFJニコス)、小田急OPクレジットカード、京王パスポートカード、京成カード、京急カード、相鉄カード、SEIBUプリンスカード、東急ポイントカードTOP&、okyoMetroToMeカード、新銀行東京カード、東武カードなどです。
パスモPasumoのオートチャージは、残高が2,000円以下になった場合、改札口でタッチすると自動的に3,000円がチャージされます。
参考記事:PASMOオートチャージクレジットカード

前のページ モバイルスイカ(Suica)  | トップページ |  次のページ Edy


相互リンクはこちら