トップページ > 電子マネー活用術 >  ANAマイル獲得実践編

ANAマイル獲得実践編

ANAカードでマイレージを効率よく貯める方法。Edy機能付きのANAカードでマイルを貯めよう!

ANAマイルはこれだけ貯まる!

ANAカード(Edy機能付き)を申込んだらあとはANAマイルを効率よく貯めるだけです! といっても特に今までと生活スタイルも変える事無く貯まりますが・・
マイルを貯めるコツは下記のとおりです!ぜひ覚えておきましょう!
Edy機能付きクレジットカードを入手する

Edyチャージでポイントをもらい、Edyで支払えるものはEdyで支払う!
Edy加盟店は全国に多数あり、マツモトキヨシやマクドナルドなど有名企業も多数加盟しています。またコンビニで公共料金支払いも可能!am/pmやサークルK、ポプラなどでもEdyは使用OK!今まで現金で支払っていた料金はEdyで支払うようにしましょう

携帯電話などの料金もEdyもしくはクレジットカードで支払い!
これでポイントが毎月貯まる!

ANAマイルを1年で貯めるテクニック

Edyを利用する事によりANAマイレージが貯まることが理解できましたか?
EdyとANAカードの併用で楽々マイルは貯まりますので、やらないと損です(笑)
20,000マイル貯まればグアム往復チケットに交換できますし、15,000マイルであれば国内線全ての路線の往復チケットに交換、またアジアにも行けちゃいます!
1年間でマイルがどれくらい貯まるかここでは具体例を挙げて解説します。

Edy付きANAカードに入会
ANAカード申込で最低1,000マイルGETできます。申込するだけです。
パソリなどを使いEdyへお金をチャージ(入金)
今まで口座に眠らせていたお金や余ったお金がありますよね? それを毎月3万円チャージしましょう。貯金と同じ感覚で預けましょう!(300マイル×12ヶ月)
これで年間3,600マイルGETです。
ガソリンや灯油を提携スタンドで入れる
提携スタンドであればマイルは2倍です!毎月10,000円だったとして年間2,400マイルGET
(100マイル×12ヶ月×2倍)
携帯代をマイルに移行
たとえばドコモのポイントをマイルに移行。 毎月2万円利用だとすれば、年間600マイルになります
Edyを使ってコンビニなどで支払い
ひと月3万として年間1,800マイルです 提携デパートでの買物はポイントも倍になります。お中元やお歳暮、プレゼント、買物・・けっこう使いますよね。ざっと使用金額が年間5万円だとして、ここでも1,000マイルGETです
レストランや居酒屋で食事
月に1度1万円として12万円をカード払い!1,200マイルGETです。提携レストランであればポイントは倍になります
サラリーマンの方であれば職場の飲み会の料金を幹事になってまとめてカードで支払えば一気に貯まります!

上記のケースでもマイルは11,600マイルですよ!
このほかに化粧品代金や交際費、固定費、公共料金などEdyで支払えるものはEdyにチャージして支払い、その他のモノはANAカードで支払えば年間20,000マイルは普通の家庭やサラリーマンでも貯めれるのです!
ANAマイルはマイル数に応じて往復のチケットがもらえるので本当にお得なシステムですね!
参考:必要マイル数(往復)
15,000マイル …  国内線・韓国
20,000マイル …  グアム・香港
35,000マイル …  シンガポール
40,000マイル …  ハワイ
50,000マイル …  アメリカ合衆国


国内線なら誰でも1年に1度往復の無料チケットがGETできるでしょう!!東京から北海道、沖縄など全区間どこでもOKです。 またクレジットを活用するならグアムやシンガポール、ハワイなども十分1年間で貯めれますよ!

前のページ Edyの使い方始め方  | トップページ | 


相互リンクはこちら