トップページ >   > クレジットカードスキミング

クレジットカードスキミング

カードのスキミング
IC電子マネーやクレジットカードなどで怖いのがスキミング犯罪です!
スキミングとは拡大傾向にある犯罪でカード類から磁気データだけを抜き取る犯罪です。
スキミングの怖い点はカードそのものが盗まれるのではないので、被害にすぐに気付かないという点です。
スキミング犯罪特に問題となっているのが銀行キャッシングカードのスキミング被害です。銀行キャッシングカードのスキミングの被害者は一般に市民であり、銀行ATMなどでお金を引き出す場合には注意が必要と言えるでしょう。

キャッシュカードのスキミング被害にあった場合には基本的に自己責任となり、被害額が戻ってくる事はありません!!銀行法でもキャッシュカードの犯罪については利用者の責任と明記されており、スキミング犯罪にあった場合に多くのケースでは泣き寝入りしかありません。
クレジットカードの場合は限度額が決まっていますが、キャッシュカードの場合には口座残高がすべて引き出されるというリスクもあります。これがキャッシュカードの怖い点ですね。
こういったリスクを回避するにはカード類をICチップ搭載のカードに切り替えることです!

都市銀行ではスキミング犯罪に対応すべくキャッシュカードのIC化やATM指紋認証システムなどを導入している銀行があるので、ぜひ古いキャッシュカードをお持ちの方は一度取引銀行に問い合わせてみましょう!


クレジットカードスキミング対策
クレジットカードではICクレジットカードに切り替えるのが一番のスキミング予防方法です!ICチップ搭載のクレジットカードであればスキミング被害も防ぐ事が可能であり、悪用、盗難などのケースでもクレジットカードであれば保険がききますので損失額を取り戻す事が可能です。
キャッシュカードに比べてクレジットカードの方が利便性だけでなくセキュリティ安全面で優れているといえるでしょう。
クレジットカードは有料クレジットカード、無料クレジットカードがありそれぞれ特徴があります。クレジットカード会社により詳細は異なりますが無料クレジットカードでも機能的には十分なカードが多数あります。有料クレジットカードとの違いは万が一の時の補償内容や保険内容、サービスなどです。
cardotoku.gif有料クレジットカードでも年会費1千円程度で大きな補償がついてくるものがほとんど。  たとえば発行するだけで国内旅行、海外旅行の傷害保険が無料でついてくるカードが多数あります。
こういったクレジットカードを選択すればムダな旅行保険は不必要になりますし、何よりクレジットカードは身分証明だけでなく、万が一のトラブルが起きてもカード会社が保険をかけているので安心なのです!

クレジットカードスキミングの関連記事


相互リンクはこちら